$LAST_NAME$ $FIRST_NAME$ 様
現在のランク:$MEMBER_STAGE_NAME$
ご利用可能ポイント:$POINT$pt

HOME > ブランドで探す > Strawbees

Strawbees(ストロビーズ)

ドイツ
Strawbees(ストロービーズ)

Strawbees(ストロービーズ)は、世界中のSTEAM教育が熱い眼差しを注ぐ「未来のリード・エンジニア」を育てる画期的な教育ツール。スウェーデンの発明家であるEric Thorstensson氏が、IKEAのランプシェードの廃材プラスチックに着想を得て、身近な素材であるストローや段ボールを繋ぐコネクター(接続部)を製作し、誰もが繋ぐだけで何かを「作る」ことで機械工学や構造力学が身に付く新しい教育ツールを開発した。テクノロジーが世界の産業構造を激変させる今、子どもたちに必要な教育とは「物事の仕組みや構造を理解し、新しい構造を生み出せる力」。それは暗記でもなく、計算の速さでもなく、創造をカタチにすることや、手を動かして試行錯誤を繰り返す行為そのものであり、構造を自ら生み出す”PLAYの中にあるのだ。現在ストロービーズは、世界50ヵ国、40,000校以上のSTEAM教育で活用されている。



  • 21世紀型スキル、STEAM教育とは?
    STEMは、Science(科学)+Technology(技術)+Engineering(工学)+Mathematics(数学)の頭文字をとった教育モデルのことで、これにArt(芸術)のAを足してSTEAM(スティーム)と呼ばれていて、2000年代にアメリカから始まった国を挙げてIT人材を育成しイノベーションを起こそうという21世期型の教育モデル。・・・ もっと読む

  • Why ストロー?
    ストロービーズは、構造フレームを作るためのストロー(市販のストローと同じ)と4種類の専用接続コネクター(ストロービー)を繋ぎ合わせるだけで、構造物を作るクリエーション・キット。ストローはリユース(再利用)でき、軽く、可動性が高く、加工しやすい。想像をカタチにするのに適した素材というわけだ。だから・・・ もっと読む

  • オンライン・レッスン
    ストロービーズは、子どもたちが新しいアイデアを何度も試行錯誤することができる簡単で気軽な方法だ。脳の働きと結びつけて問題解決能力を伸ばすには、手を使うことが何より重要。いじくり回したり、物を組み立てたり、分解したりして学んだことは、生活のあらゆる場面で目にする物の仕組みの理解に役立つ。ストロービーズは・・・ もっと読む

  • LET'S プログラミング !
    ストロービーズは、プログラミングを状況に応じて利用し、子どもから大人まであらゆる人がプログラミングの目的と、プログラミングを使って身の回りを(あるいは世界を)どうよくする事ができるかの方法を学ぶことができる。コンピューター、エレクトロニクス、構造力学が、プロセスを魅力的で楽しいものにするのだ。・・・ もっと読む