• facebook
  • instagram
  • pintarest
  • twitter
  • twitter

$LAST_NAME$ $FIRST_NAME$ 様 / 現在のステージ:$MEMBER_STAGE_NAME$
ご利用可能ポイント:$POINT$pt

HOME > ブランドで探す > Gigamic > カワレ・ミニ

※各モールでの規約に準拠してお買物をお楽しみください。送料無料ラインや配送ルールが異なる場合がございます。

商品説明

  • ブランド名
    Gigamic
  • 英語名
    QAWALE mini
  • 内容
    木製ボード、ベージュ色の小石ピース8個、ブラウン色の小石ピース8個、ハチミツ色の小石ピース8個、説明書1冊
  • サイズ
    ボード:17×17cm
  • 箱サイズ
    18×18×5cm
  • 素材
  • プレイ人数
    2人
  • 対象年齢
    8〜99歳
  • フランス(デザイン)
    中国(生産)
  • ゲームデザイン
    Romain Froger & Didier Lenain-Bragard
  • 注意事項
    輸入品のため、商品の仕様・内容物は予告なく変更される事があります。

ロックバランシングから着想を得たリッキーな4目並べカワレ・ミニ

  • image

商品番号 GM007

3,740円(税込)

[34ポイント進呈 ]

数量
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み

カラーバリエーション

カラーバリエーションカラーバリエーション
カラーバリエーション
拡大 Prev Next

「カワレ」クラシック版のミニサイズ。携帯サイズでいつでもどこでも楽しめます。

川辺の小石を積み上げるロックバランシングから着想し生まれた本ゲームは、トリッキーな4目並べ。8手という限られた番手で4目並べを成立させるには筋書きが大切です。さて、あなたはどんなストーリを描くのか…

ルール

●このゲームの目的

自分の色の小石ピース4個で(縦・横・斜め)に一列のラインをつくること。

●セットアップ

テーブルの真ん中にゲームボードを置き、各コーナーにハチミツ色の小石ピースを2個づつ積み重ねます。各プレイヤーは1色の小石ピースを8個取ります(図1)。

●遊び方1

最初にスタートするプレイヤーを決めます。プレイヤーはボード上に積み重ねられた小石ピースの山を1つ選び、自分の色の小石ピースを一番上に乗せます。空きスペースに小石ピースを置くことはできません( 図2)。
注:ボード上に1個の小石ピースのみがある場合は、これも1つの小石ピースの山と見なされます。

●遊び方2

続けてプレイヤーはその小石ピースの山を取り、隣接するスペースにその小石ピースを置いていきます。一番下の小石ピースから順番に1個づつ置いていきます。必ず前においた小石ピースに対し直行に隣接するスペースに置かなければなりません(図3a)。
注:通過したばかりのスペースに戻ることはできません(図3b)。ただし、折り返してきた時は、そこに置くことが可能になります。

●ゲームの終了

一直線(縦・横・斜め)に4個、自分の色の小石ピースを並べてラインをつくったプレーヤーが勝者になります(図4)。
注:ライン(直線)を構成する小石ピースは、それぞれの山の一番上(一個の小石ピースの山も含む)に乗せたものに限られます。

両方のプレーヤーがすべての小石ピースを使い、勝利条件であるラインを誰もつくっていない場合、ゲームは引き分けです。
注:同じ色からなる重ねられた4つの小石ピースの山は、勝利条件のライン とは見なされません(図5)。

カワレ・ミニ

通常版と比較すると、ボードもコマも小さく作られています。ゲームのルールは変わりません。

関連動画

特集

ビジネスや実生活に置いて必要なスキルを遊びながら磨くことができます。

  • 筋書きを立てその仮説の実行と検証から物語を完結させる

    ハイポゼシス・シンキングとは、ビジネスや日常生活に活用されているスキルで、迅速な意思決定・問題解決に有効な「仮説」を用いた思考法。変化の激しい時代にはスピードが求められるが、大量な情報による分析では遅い。故に手元の情報と知識をもとに筋書きをたて=「仮説」、実行と検証→修正から効率的に結果をもたらすスキルが求められる。8手のみの実行機会で「仮説」の検証と修正を繰り返し未来(勝利)をつくるプロセスは、問題発見と解決のスピードを飛躍的に高める。

    その他のビジネス・ゲームはこちら