$LAST_NAME$ $FIRST_NAME$ 様
現在のランク:$MEMBER_STAGE_NAME$
ご利用可能ポイント:$POINT$pt

HOME > ブランドで探す > Gigamic > クアルト

  • ブランド名
    Gigamic
  • 英語名
    Quarto
  • 内容
    木製ボード、木製駒16個
  • サイズ
    ボード:26×26cm
  • 箱サイズ
    28×28×6cm
  • 素材
  • プレイ人数
    2人
  • 対象年齢
    6〜99歳
  • フランス(デザイン)
    中国(生産)
  • 注意事項
    輸入品のため、商品の仕様・内容物は予告なく変更される事があります。

数々のアワードに輝くボードゲームの王様クアルト

商品番号 GC001

6,000円(税別)

[60ポイント進呈 ]

数量
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み

カラーイメージ

カラーイメージカラーイメージカラーイメージカラーイメージカラーイメージ
カラーイメージ
拡大 Prev Next

過去40年間に登場したボードゲームで世界で最多の受賞歴を持つと言われる「クアルト」。

4種類のコマを形、色、穴の有無、高さのいずれかで揃え、直線状に並べれば勝ちというシンプルなゲーム。大きな特徴は、コマを選択するときのルール。盤上に並べていくコマは自分で選ぶことができず、相手が選んだコマしか使うことが許されない。つまり、“負けないコマ”を相手に渡す必要がある。更に言えば負けた時は必ず”自分が選んだコマ”で負けるということ。コマを置く時は常に「論理的思考力」をフル回転させ、相手のコマを選び渡す時は常に「批判的思考力」をエンジン全開にし、俯瞰的に客観的に状況を分析し、可能性を検証しきれた者のみが勝利という栄光を掴める。

クアルトの内容物

【「クアルト !」とは】

フランス語で4つを意味し、特徴が同じコマが直線上に並ぶ4つ目のコマを置いた時が勝利ということ。

  • コマの特徴1:色(黒、白)

  • コマの特徴2:形(丸・四角)

  • コマの特徴3:高さ(高い・低い)

  • コマの特徴4:穴(穴あり・穴なし)

【遊び方】

「クアルト!」は、同じ特徴を持つコマの列(縦・横・ななめ)を見つけ、その4つ目のコマを置いて共通の特徴を持つコマで1列を完成させること。まずはすべてのコマを盤外に置き、先攻・後攻を決めます。
先攻のプレイヤーはどれでも好きなコマを一つ選び、後攻のプレイヤーに手渡します。後攻のプレイヤーは受け取ったコマを盤上の16個のサークルのどこかに置きます。

次は、先ほどコマを置いた後攻のプレイヤーが相手が使うコマを盤外から選び、先攻のプレイヤーに渡します。

この要領で交互に相手から渡されたコマを盤上に置き、ゲームを続けていきます。

直線上に共通のコマが3つ揃っているリーチの場所を見つけたら要注意!同じ特徴のコマはどれか、相手に何が渡せるのかなど、盤上のコマの配置と残っているコマの特徴とを論理的に、かつ批判的に考えましょう。

この場合、この直線ラインにあるコマの共通の特徴はなんでしょうか?同じ特徴のコマを置ければ「クアルト!」と宣言して勝利です。コマを手渡す人の場合は、残っているコマから”負けない”コマはどれかを考えて、相手にコマを渡しましょう。

この列のコマ全てに共通する特徴は、「穴・なし」。これを置ければ「クアルト!」で勝ちです。ちなみにクアルト!を成立させたら「クアルト!」と宣言してください。「クアルト!」が成立していることに気づかずにそのままゲームを続行しコマを相手に渡した場合、本来負けているはずの相手がコマを受け取った瞬間に「クアルト!」と宣言すれば勝ちとなります。

ここで問題です。赤の箇所が「クアルト」のリーチがかかっています。この場合、あなたは相手のどのコマを渡しますか?

(ヒント):リーチである3つのコマの共通の特徴は「穴・なし」+「高い」の2つの条件があります!

【上級ルールにチャレンジ!】

「クアルト!」が成立する直線上(「縦」「横」「ななめ」)に4つの共通する特徴のコマを並べることに加え、隣り合う4つの四角形上に4つの共通する特徴のコマを並べることも「クアルト!」の条件になります!写真の箇所だけでなく、どこの隣接する四角形でも「クアルト!」になりますので、難易度が究極に上がります!

【関連動画】