$LAST_NAME$ $FIRST_NAME$ 様
現在のランク:$MEMBER_STAGE_NAME$
ご利用可能ポイント:$POINT$pt

HOME > ブランドで探す > ThinkFun > クルー・マスター

  • ブランド名
    ThinkFun
  • 英語名
    Crew Master
  • 内容
    ゲーム盤兼問題集(40問)1冊、磁石トークン9個
  • サイズ
    グリッド:15×26×1.5cm
  • 箱サイズ
    18×30×4.5cm
  • 素材
  • プレイ人数
    1人~
  • 対象年齢
    8歳~108歳
  • アメリカ(デザイン)
    中国(生産)
  • 備考
    輸入品のため、商品の仕様・内容物は予告なく変更される事があります。

アメリカの脳トレクルー・マスター

商品番号 TF024

3,000円(税別)

[30ポイント進呈 ]

数量
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み

カラーイメージ

カラーイメージカラーイメージカラーイメージカラーイメージカラーイメージ
カラーイメージ
拡大 Prev Next

プログラミング教育でも採用されている「チョコレート・フィックス」の兄弟ゲームである「クルー・マスター」。「チョコレート・フィックス」との大きな違いは、「クルー・マスター」で提示されるヒントがネガティブ・ヒントになっていること!つまり、「この組み合わせではない」(!!!)というヒントから正しい答えを導き出す、という難易度高めの論理的推理ゲーム!プログラミング教育の教材に最適。

【遊び方】

  • ブックレットの中に、問題40問とパネルが一体になっています。

  • コマはマグネットになっているので、パネルにくっつきます。ワンちゃんが好きなものがモチーフ。

ブックレットを開くと、問題とパネルが見開きになります。

  • ビギナー2をやってみましょう。ここに書かれているのは配置のヒント。それを元にマグネットのコマをパネルに置いていきます。

  • ヒント1とヒント2を統合すると、左上に置くことができるのが「青」の「お皿」だとわかるので、「青のお皿」のコマを置きます。

  • 同じ要領で他のマスも埋めていきます。

  • すべてのマスを埋めて完成!もう一度ヒントを見直して、間違っていないか確認しましょう。

  • 21問目からネガティブ・クルー(ヒント)が加わります。ネガティブ・クルーとは、絵で示しているもの「ではない」という否定のヒントのことです。

  • 21問目を一緒にやってみましょう。1〜6のヒントを元に、今までの要領でマスを埋めていきます。

  • ネガティブ・ヒントの8と9を統合すると、下段の真ん中は「お皿」でも「ボール」ではない、つまり「ホネ」となります。

  • 手持ちで残っている「青のホネ」を置きます。

  • 手元に残っているコマを「青のボール」と「緑のお皿」です。

  • ヒント7では左下に置くのは「緑ではない」というヒントなので、残っているコマの中から「緑ではない」コマを選びます。

こうしてマスを全部埋めたら完成。ブックレットの最後のページに答えが載っているので答え合わせをしましょう。

難易度は4段階、全40問。ぜんぶ攻略できるかな?