$LAST_NAME$ $FIRST_NAME$ 様
現在のランク:$MEMBER_STAGE_NAME$
ご利用可能ポイント:$POINT$pt

HOME > ブランドで探す > ThinkFun > コード ロボット・リペア

  • ブランド名
    ThinkFun
  • 内容
    サーキットボード4枚、チャレンジブック(40問)、TRUE/FALSEトークン2個、 ON/OFFトークン9個、パワーセルトークン10個、解説書
  • サイズ
    ブック:24×18cm
  • 箱サイズ
    21.5 × 26 × 6cm
  • 素材
    プラスチック、紙
  • プレイ人数
    1人〜
  • 対象年齢
    8〜108歳
  • 原産国
    中国
  • 備考
    ※輸入品のため、商品の仕様・内容物は予告なく変更される事があります。

アメリカの脳トレコード ロボット・リペア

商品番号 TF015

3,900円(税別)

[39ポイント進呈 ]

数量
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み

カラーイメージ

カラーイメージカラーイメージカラーイメージ
カラーイメージ
拡大 Prev Next

PCの要らないプログラミング学習キットCODEが3シリーズで発売。作者は、同社のコーディング・ゲーム『コード・マスター』の作者で、NASAの仮想現実のプログラマーという経歴を持つ。プログラミング・コーディングでもより細分化したスキル学習を目的とし、3シリーズ展開となっている。月面車両をコントローラーで操作するという設定や、ロボットの修理という設定、あるいはロボットへの指示といった各設定でゲームを進めていく。プログラミング系ゲームとともに展開しコーナーを作ると話題となるでしょう。

  • パワーセルトークンは電源のこと。電源をここに置くと、

  • オレンジとイエローに電気が通るので、ONトークンを表示させます。

遊び方

これは壊れてしまったロボットを修理するという設定。あなたがロボットの中をプログラミングして、ロボットを直してください。

チャレンジブックの40問の中から問題を選びます。このページには、リペアするのに必要なものとヒントが書かれています。リベア・ミッション1をやってみましょう。

ボット・タイプAはサーキットボードAを用意します。パワーセルは2つ、右側に書かれているカラーと同じ、ON/OFFトークンも用意しましょう。

「AND」と書かれたパネルは「TRUE」のパネルということ。「TRUE/FALSE」に緑の「TRUE」トークンをおきましょう。パネル上のカラーは、ロボットを直すために必要な電線を表しています。ここのパネルが「TRUE」なので、この電線はすべて電気が通ればロボットは直ります。「TRUE/FALSE」には、電気が通れば「TRUE」、電気が通らなければ「FALSE」トークンをおきましょう。ミッションの難易度が上がると、ヒントが複雑になり、パネルに表示されている電線に電気が通らないこともあります。

  • サーキットボードに、電気が流れるところにONトークンを置きます。

  • この4つの電線に電気が流れるためには、どこにパワーセルを置けばいいのかな。

関連動画