$LAST_NAME$ $FIRST_NAME$ 様
現在のランク:$MEMBER_STAGE_NAME$
ご利用可能ポイント:$POINT$pt

HOME > ブランドで探す > ThinkFun > コード ローバーコントロール

  • ブランド名
    ThinkFun
  • 内容
    地形マップ4枚、チャレンジブック(40問)、ペン3本、ローバートークン2個、ステーショントークン5個、スタート&ゴールトークン4個、地形サンプルトークン1個、解説書
  • サイズ
    マップ:23×18cm、ブック:24×18cm
  • 箱サイズ
    21.5 × 26 × 6cm
  • 素材
    プラスチック、紙
  • プレイ人数
    1人〜
  • 対象年齢
    8〜108歳
  • 原産国
    中国
  • 備考
    ※輸入品のため、商品の仕様・内容物は予告なく変更される事があります。

アメリカの脳トレコード ローバーコントロール

商品番号 TF014

3,900円(税別)

[39ポイント進呈 ]

数量
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み

カラーイメージ

カラーイメージカラーイメージカラーイメージ
カラーイメージ
拡大 Prev Next

PCの要らないプログラミング学習キットCODEが3シリーズで発売。作者は、同社のコーディング・ゲーム『コード・マスター』の作者で、NASAの仮想現実のプログラマーという経歴を持つ。プログラミング・コーディングでもより細分化したスキル学習を目的とし、3シリーズ展開となっている。月面車両をコントローラーで操作するという設定や、ロボットの修理という設定、あるいはロボットへの指示といった各設定でゲームを進めていく。プログラミング系ゲームとともに展開しコーナーを作ると話題となるでしょう。

遊び方

これはロボットを動かすための指示ページ。チャレンジブックの40問の中から問題を選びます。ページには、アクションローバーや地形マップが指定されているので、必要なものを準備します。「コース」には、ローバーの道順が指定されています。この場合、スタート7〜赤い道〜青い道〜赤い道〜ゴール9という道順。

さあ、レベル1をやってみましょう。

  • これは実際にロボットが動くマップ。スタートとゴールを指定された数字に置き、問題ページ通りに地形マップに色をつけます。

  • もし間違えてしまっても、ペンは消すことができます。

  • ローバーが指定されたコースを通るためには、どこに赤い道を書けばいいかな。

  • 赤い道を2本書き込みます。

問題で指示されていた内容を、すべてマップに落とし込みました。実際にローバーがコース通りに動くのか?!

  • 7からスタートして、まずは赤い道を通ります。

  • 2番目は青い道を通ります。

最後に赤い道を通って9にたどり着きました!クリアです!

答えは、ソリューション・ブックレットの中にあります。

関連動画