$LAST_NAME$ $FIRST_NAME$ 様
現在のランク:$MEMBER_STAGE_NAME$
ご利用可能ポイント:$POINT$pt

HOME > ブランドで探す > ThinkFun > グラビティ・メイズ

  • ブランド名
    ThinkFun
  • 英語名
    Gravity Maze
  • 内容
    トレイ、タワー10本、ビー玉3個、チャレンジカード60枚、解説書
  • サイズ
    トレイ:17 × 17 × 2.7cm
  • 箱サイズ
    24 × 27 × 7cm
  • 素材
    プラスチック
  • プレイ人数
    1人〜
  • 対象年齢
    8歳〜
  • アメリカ(デザイン)
    中国(生産)
  • 備考
    輸入品のため、商品の仕様・内容物は予告なく変更される事があります。

結論から考え組み立てる重力迷路グラビティ・メイズ

商品番号 TF004

5,040円(税別)

[50ポイント進呈 ]

数量
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み

カラーイメージ

カラーイメージカラーイメージカラーイメージカラーイメージカラーイメージ
カラーイメージ
拡大 Prev Next

ボールの通り道がふさがらないようにスタートとゴールを繋ぐようにタワーを配置するには?立体的に考え、ソリューションを導き出す重力迷路ゲーム。結論から考えて組み立ててみよう!

ゲーム盤に指定されたタワー(色によって高さが異なります)をはめ込んで遊びます。タワーの内側には傾斜がついていて、ボールが転がる仕組みになっています。

【遊び方】

ビギナー2をやってみましょう!問題カードのゲーム盤に描かれている色のタワーを用意し、指定の位置に配置します。赤のタワーはゴールです。

タワーの上面に黒い●●が印字されています。問題カードには黒い●●も描かれているので、問題カードをよく見てタワーの向きが同じになるように合わせましょう。タワーの向きは答えを導くのに大きな手がかりになるので、黒い●●の位置に気をつけましょう。

  • 問題カードの左下に、追加するタワーの色が指定されています。

  • この場合、指定された色のタワーを各1個ずつ用意します。

  • 追加のタワーを差し込む前に、スタートのタワーの傾斜と、ゴールタワーの口の位置を確認します。この確認をすることで、スタートからゴールまでボールがどのように転がるかをイメージすることができます。

  • 頭の中で立体迷路を描けたら、追加するタワーを差し込んでいきます。

  • タワーの内側の傾斜を確認しながら進めると、ボールの動きをイメージしやすいでしょう。

  • 完成しました!スタート(青)からゴール(赤)まで高さが順番に低くなっているのがわかります。「ボールは重力によって高い所から低い所へ動く」ことを頭に入れておくと、問題を解く時のヒントになります。

  • 問題カードに描かれている白い○印は、スタートの位置を表しています。

  • 答え合わせは実際にボールを転がしてみて確認します。

問題カードの裏に答えがのっています。追加するタワーの位置と向き、ボールの動きを矢印で表しています。

  • タワーの使い方にはバリエーションがあります。例えば、ビギナー5。ゲーム盤のひとつのマス目にタワーが2色描かれています。

  • 写真のように、タワーを「重ねる」ことを意味します。大きな枠で描かれている色のタワーが下、小さな枠で描かれている色のタワーが上となります。

  • ビギナー7のカードには、追加するタワーが横長で表されています。

  • これはタワーを「横にして」使用することを意味します。

問題の難易度は4段階、全部で60問!ぜんぶ攻略できたら、君はメイズ博士だ!

【関連動画】