$LAST_NAME$ $FIRST_NAME$ 様
現在のランク:$MEMBER_STAGE_NAME$
ご利用可能ポイント:$POINT$pt

HOME > ブランドで探す > ThinkFun > コードマスター

  • ブランド名
    ThinkFun
  • 内容
    アバター1体、ポータル1台、クリスタル6個、マップ10枚、ガイドスクロール12枚、行動トークン12個、条件トークン8個、解説書
  • サイズ
    マップ:28.5 × 18cm
  • 箱サイズ
    30 × 20 × 5.2cm
  • 素材
    プラスチック
  • プレイ人数
    1人~
  • 対象年齢
    8歳~
  • 原産国
    中国
  • 備考
    ※輸入品のため、商品の仕様・内容物は予告なく変更される事があります。

コードの考え方を学ぶ本当のプログラミング学習コードマスター

商品番号 TF003

4,050円(税別)

[41ポイント進呈 ]

数量
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み

カラーイメージ

カラーイメージカラーイメージカラーイメージカラーイメージカラーイメージ
カラーイメージ
拡大 Prev Next

NASAの仮想現実(VR)のプログラマーが考案したのは、コーディングの考え方が習得できるボードゲーム。指定された条件でゴールまでの道を導き出し問題解決力や論理的思考を育むコーディングを実行する。10のマップ(場面設定)を使い合計60のレベルにチャレンジ。その中のプログラミング言語のIF-THEN-ELSEの条件分岐やDO-WHILEのループ構造などが隠されており、遊びながらプログラミング・スキルが身につく優れもの。

  • ゲームを動かすアバター(左)とポータル(右)とクリスタル。

  • ゲームの舞台となるマップ。

遊び方

各マップの左列にレベルが6段階あるので、その中からレベルを選択。レベル1をやってみましょう。

レベルに表示されているアバター、ポータル(これがゴールです)をマップの番号に配置します。レベルの右側に書かれている○は、必要なトークンの色と数です。これはマップ上の色の道を表し、数はその道を使える回数になります。

レベルの横にスクロールの番号が表示されているので、別冊でそのガイドスクロールを開きます。

頭の中でアバターを指示された道を指定の回数だけ使って、どのようにポータルにたどり着くか考えます。スクロールシートに、考えた道順をトークンで表します。

  • 実際に動かしてみましょう。まずは赤い道を進みます。

  • 次はみどりの道。

  • スクロールに従って、アバターを動かしていきます。自分で効果音を入れても楽しいかも!

  • ポータルまで無事に到着!

レベル11にはクリスタルが出てきますが、道の途中でクリスタルを獲得してポータルにたどり着かなければなりません。

あとは同じように、条件の中でアバターがクリスタルを獲得しポータルにたどり着く道順を考えます。

関連動画