$LAST_NAME$ $FIRST_NAME$ 様
現在のランク:$MEMBER_STAGE_NAME$
ご利用可能ポイント:$POINT$pt

HOME > ブランドで探す > ThinkFun > ローラー・コースター・チャレンジ

  • ブランド名
    ThinkFun
  • 英語名
    Roller Coaster Challenge
  • 内容
    ゲーム盤、レール75本、トンネル2本、コースター1個、問題カード40枚、解説書
  • サイズ
    完成図:25.5×25.5×38cm
  • 箱サイズ
    30×27.5×7.2cm
  • 素材
    プラスチック
  • プレイ人数
    1人〜
  • 対象年齢
    6歳〜
  • アメリカ(デザイン)
    中国(生産)
  • 備考
    輸入品のため、商品の仕様・内容物は予告なく変更される事があります。

アメリカの脳トレローラー・コースター・チャレンジ

商品番号 TF018

5,400円(税別)

[54ポイント進呈 ]

数量
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み

カラーイメージ

カラーイメージカラーイメージカラーイメージカラーイメージカラーイメージ
カラーイメージ
拡大 Prev Next

大人気迷路(maze)シリーズから新しいゲームが登場。今度の課題は、ジェットコースターをプログラミングすること。グラビティ・メイズやサーキット・メイズより対象年齢も2歳低く設定されていて、小さい子からもチャレンジできるのが特徴です!

【遊び方】

ビギナー1をやってみましょう。問題カードでは、3に付いているオレンジのレールはスタートを表し、1に付いているオレンジのレールはゴールを表しています。

  • カード上の数字は柱の高さです。「3」は黒の柱3つ分の高さということ。

  • レールはいろいろな種類があります。問題カードに書かれているレールの色と形をみて、必要なレールを選びましょう。

  • 問題カードのイラスト通りに、柱やレールを配置します。これはスタートレール。

  • 柱にレールを取り付ける時、柱の溝にレールをはめ込みます。取り付ける向きに気をつけて。

問題カードの通りに、ゲーム盤に配置できました。

  • 追加するレールは問題カードの左下に書かれています。●はレールの長さを表しています。色と長さが一致するレールを用意しましょう。

  • レールの内側に●●が刻印されています。●●はゲーム盤のマス目2つ分の長さ、●●●はマス目3つ分の長さになります。

レールの長さやレールの傾斜を考えて、レールをつなげていきます。

完成です!ジェットコースターは無事に走るかな。

ジェットコースターは高い所から低い所へ動くことを意識して組み立てることが、答えが導き出せるコツ。

ジェットコースターを走らせてみましょう!

無事に走ることができれば、この問題はクリア!

問題の難易度は4段階、全部で40問。レベルが上がると、ジェットコースターも複雑した構造になっていきます。

  • 回転レールを使用した完成例。

  • 遠心力でぐるっとジェットコースターが回ります。

  • 回転部分はレールをつなげて完成させます。

  • カーブのレールもうまく使いながらゴールまでレールをつなげていきます。

  • 問題を解くヒント。緑のレールはだいたい柱の高さ1段分の傾斜になっています。

  • 水色のレールはだいたい柱の高さ2段分の傾斜になっています。繋げる長さと傾斜からレールを導き出すことができるので覚えておくと便利です。

  • レールの結合部分。

【関連動画】(英語です)