• facebook
  • instagram
  • pintarest
  • twitter
  • twitter

$LAST_NAME$ $FIRST_NAME$ 様 / 現在のステージ:$MEMBER_STAGE_NAME$
ご利用可能ポイント:$POINT$pt

HOME > ブランドで探す > Corraini Edizioni > カードを並べてシーケンス(物語)を作りましょう

  • ブランド名
    corraini Bruno Munari
  • 英語名
    Eight Sequences to Put in Order
  • 内容
    カード×52
  • 箱サイズ
    15 x 15 x 3.5 cm
  • 使用画像
    商品画像:courtesy Corraini Edizioni
  • 備考
    輸入品のため、商品の仕様・内容物は予告なく変更される事があります。

カードを並べてシーケンス(物語)を作りましょう

商品番号 BMT004

8,360円(税込)

[76ポイント進呈 ]

数量
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み

アイテムイメージ

アイテムイメージアイテムイメージアイテムイメージアイテムイメージアイテムイメージ
アイテムイメージ
拡大 Prev Next

ブルーノ・ムナーリとジョバンニ・ベルグラーノによって1976年にデザインされたこの「ゲーム」は、カードを辻褄が合うように論理的に並べて、全部で8つのシーケンス(物語)を作り出す絵本のような「ゲーム」で、全部で52枚のカードが入っています。

シーケンス(物語)は3〜10枚のカードを並べて作りますが、難易度が上がればカードの枚数が増えます。並べたカードが正しい順番であったかを確認するには、カードの裏面をみます。難易度が優しい3〜4枚のカードを使うシーケンスでは、数字の読めないお子様でもわかるようにドット(点)がカード裏面に振られています。5〜7枚のシーケンスでは、番号が振られています。もっとも難易度の高い8〜10枚を使うシーケンスには番号は振られていないので、自分たちで絵(イメージ)だけを頼りに正しい答えを探しましょう。

籠から出てくる小鳥、建設中の家、葉を伸ばし花を咲かせる植物、などなどシーケンス(物語)が8つあります。例えば「熟していくリンゴ」のシーケンスでは太陽の位置によってリンゴの色が変化し「時間の経過」がわかる手がかりがあるように、それぞれのシーケンスのカードには様々なヒントが含まれていますので、絵(イメージ)から読み取る楽しい物語の「ゲーム」となっています。それぞれのイメージは、シーケンス(物語)とその意味を部品を組み立てるように因果関係を正しく並べ再構築するためのもので、子ども達の論理的なつながりを理解する能力を育成します。

ゲームを進めるために52枚のカードから適切なカードを選び出すゲームの基本的な行為から始まり、ひとりでもグループでも、次第に様々なカードの使い方や遊び方を発明するようになっていくでしょう。

WEBカタログ

  • 【目次】
    ・About Bruno Munari
    WHO is HE? / PLAY with ART!
    ITEM▶ 読めない本 MN1 / 闇の夜に / 霧の中のサーカス / 1945年シリーズ / MC1 アーキテクチャー・ボックス New Edition / アコナ・ビコンビ / プラス&マイナス / カードを並べてシーケンス(物語)を作りましょう / 現実世界のイメージ / ポスター
    ・About Enzo Mari
    WHO is HE? / DESIGN×EDUCATION
    ITEM▶ 遊び場のための知育玩具 / 目的のための自己演習? / おはなしづくりゲーム / シーソーの本 / ポスター

    WEBカタログを見る

©Bruno Munari.All rights reserved to Maurizio Corraini s.r.l.-Coutesy Corraini Edizioni