$LAST_NAME$ $FIRST_NAME$ 様
現在のランク:$MEMBER_STAGE_NAME$
ご利用可能ポイント:$POINT$pt

HOME > ブランドで探す > Pebble

pebble(ペブル)

バングラデシュ
pebble(ペブル)

Pebble(ペブル)は、バングラデシュのNPO法人HATHAY BUNANO(ハテ・ブナノ=「手編み」の意味)によって運営されるフェアトレードの手編みブランド。女性の貧困問題を解決する事を目的に2004年に設立され、妊婦や小さい子どもを持つ母親また障害を持つ女性に無理なく働ける環境を提供しています。彼女達は、都市部に通う事なく自分が住む農村にあるペブルセンターに通い家族と離ればなれになることなく手編み製品を製作しています。 現在、ペブル・センターは全国役60カ所に広がり、約6,000人の女性が働いています。

ペブルの運営

  • ペブルの運営
  • ペブルの運営は、NPO 法人 HATHAY BUNANO(ハテ・ブナノ)が行っています。イギリス人女性サマンサとが主人でバングラデシュ人のモーシェッド氏によって設立されました。子を持つ母親、妊婦さん、また障害を持つ女性への雇用機会の創出によって、貧困から脱却できるよう 支援することがその活動目的で、現在はイギリスやヨーロッパ諸国、アメリカなどで販売されています。

バングラデシュの伝統刺しゅう

  • バングラデシュの伝統刺しゅう
  • バングラデシュには、代々母から娘へと受け継がれる 「ノクシカタ」と呼ばれる伝統刺繍があり女性たちには慣習的に培われた高いニット(手編み)技術があります。この手芸を活かし生み出されたペブルの商品は0〜6歳向けの小さく可愛いニット製品であることからバングラデシュの言葉で「小さく丸い石」を意味する 『ペブル』の名が付けられました。

女性支援

  • 女性支援
  • ペブルを創る女性たちは、近所にあるペブル・センターに無理なく通い働くことで、家族から離れずこれまでの生活を守りながら職を得る事ができます。 地域に根付いた伝統や生活を守ることも フェアトレードの重要な概念であるべきです。またペブル・センターは、自分の都合によって好きな時間だけ働くことができるので、たとえ1時間でも仕事に就く事ができるシステムを守っています。

ペブルの素材

  • ペブルの素材
  • ペブルで使われる糸は全て国際基準の「エコテックス規格100」を取得しています。「エコテックス規格100」って?エコテックス共同体で認定している、繊維製品の国際的な安全基準のこと。エコテックス共同体とは、ヨーロッパを中心に、世界24カ国の試験研究機関で構成する、テキスタイル・エコロジー国際共同体です。事務局はチューリッヒに置かれています。エコテックス規格(スタンダード)100は、繊維製品に対する国際的な安全基準であり、法律の基準より多くの有害物質を対象にしています。子供が口に入れたり、なめたりしても、有害物資が溶出しないことを意味します。またオーガニック・シリーズで使用されるコットンはOrganic Exchange 100 Standard(OE100)を取得しています。

54 件中 41-54 件表示  先頭のページへ前のページへ 1 2 3





54 件中 41-54 件表示  先頭のページへ前のページへ 1 2 3